TEL:075-256-1707

京都映画センターtwitterページ

京都映画センターFacebookページ

上映会や映画についてのお問い合わせはこちら

お知らせ

「徘徊」を上映しました。

2017年09月11日(月)

IMG_2483

9月はアルツハイマー月間とか。その一環で京丹後市において10日の午後“認知症セミナー”が開催されました。三部構成で、まず 京丹後市が制作した認知症の啓発DVD(4分少々)の上映、次に、認知症予防とそのケアについて医師会の先生、認知症カフェやデイサービスの運営に携わっている方、地域包括支援センターの方などでのパネルディスカッションです。私自身、無縁ではない話なので映写室を出て拝聴しました。そして「徘徊~ママリン87歳の夏」の上映。満席の場内は笑いもありましたが、身につまされたり、娘さんの大変さと覚悟の末の現在があるという姿に感銘を受けた様子でした。いい上映会でした。〈自画自賛!〉

35ミリ映写してます。

2017年09月01日(金)

映写機周辺

久しぶりに35mm映写機を使ってのフィルム上映をしました。文化庁の優秀映画鑑賞会推進事業で9月1日、2日の両日、丹後文化会館で今井正作品4本を上映です。「青い山脈」「また逢う日まで」「真昼の暗黒」「純愛物語」の名作ぞろい。昔のフィルムは、1巻が10分前後のものがほとんどで、全10巻とかになってしまいますので、この事業で使用されるフィルムは2巻を1巻にまとめていますので、フルムの架け替えは半分で済みます。それでも、終わったフィルムを巻き戻し、次のフィルムを空いている映写機にかける作業と、なかなか映画を見ている時間はないのです。2日は朝から4本立てでしたので、さすがにくたびれました。